連立方程式 【点数に関する問題】その3

点数に関する連立方程式の問題その3です。

今回も入試過去問に手を加えた問題を考えてみましょう。

もとの問題では、3点シュートと2点シュートの2種類だけでしたが、ここにフリースローの1点シュートも加えて3種類としてみました。

平成21年度問題改(★★★)

 
校内球技大会のバスケットボールの試合で、A組とB組が対戦し、13点差でA組が勝った。

A組はシュートさせた本数のうち、4本が3点シュートで、2点シュートとフリースローの1点シュートの割合は7:3であった。

B組は成功させたシュートの本数がA組より6本少なかった。

また、B組が成功させたシュートの本数の6分の1が3点シュートで、2点シュートとフリースローの1点シュートの割合は3:2であった。

このとき、A組が成功させたシュートの本数とA組の得点を求めなさい。

⇒解き方と解答はこちらから(jpg画像)

ポイント

(シュートの点数)×(シュートの本数)=(得点)の式をA組、B組2つ作ります。

B組の得点と本数との関係式はA組と同様に作りますが、割合のところは気をつけて作るようにしてください(‘ω’)ノ

お知らせ

もっと連立方程式を解きたい人は、駿英家庭教師学院で「連立方程式の応用問題」というオリジナル問題集を出していますので、ぜひ内容をご覧ください。

⇒「連立方程式の応用問題」のページはこちらからどうぞ


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です