連立方程式 【点数に関する問題】その1

今回から点数に関する連立方程式の問題を出してみましょう。

第1回目は基本問題です。

シュートの点数と回数について2つの式をたてて解いてみてください(‘ω’)ノ

問題(★)

ある選手がバスケットボールの試合で、3点シュートと2点シュートを合わせて10本決め、全部で23点あげました。

このとき、3点シュートと2点シュートのそれぞれ何本決めたか求めなさい。

⇒解き方と解答はこちらから(jpg画像)

この考え方をしっかり理解できていると、次のような問題もできると思いますよ。

次の問題は中学2年の教科書にのっていた発展問題を参考にしました。

教科書ではx,y,zの3つの文字を使用していましたが、3つの文字を使用せずに2つの文字だけで解いてくださいね。

問題(★)

ある選手がバスケットボールの試合で、3点シュート、2点シュート、1点のフリースローを合わせて13本決め、全部で24点をあげました。

また、フリースローを決めた本数は、3点シュートを決めた本数の2倍でした。

このとき、3点シュート、2点シュート、フリースローを決めた本数をそれぞれ求めなさい。

⇒解き方と解答はこちらから(jpg画像)

今回のように3つの方程式ができる場合でも、文字2つだけの式にすることで解くことができますよ。

次回は、点数に関する入試の過去問を考えてみる予定です。

お知らせ

もっと連立方程式を解きたい人は、駿英家庭教師学院で「連立方程式の応用問題」というオリジナル問題集を出していますので、ぜひ内容をご覧ください。

⇒「連立方程式の応用問題」のページはこちらからどうぞ


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です