N.Kaneta BLOG

家庭教師の仕事内容や、中学校問題の解き方を教えます。

Home » 福島民報力だめし(2016年まで) » 理科 » 福島民報力だめし(2016理科43)~天気~

福島民報力だめし(2016理科43)~天気~

calendar

力だめし理科の43回目は天気からの出題です。

(1)天気図の順番を答える問題

まず、低気圧と前線に着目します。

天気は西から変化しやすいので、低気圧と前線が一番西にあるBからAとなり最後にCとなります。

(2)①前線をともなう低気圧の問題

・風向きについて

低気圧は周りよりも気圧が低い部分です。

一番低いところに向けて高いところから風が流れてきます。

また前線の向きに従って風が流れますので、イを選びます。

・雨が降っている地域について

前線の前後で天気が変わります。

温暖前線がとおる直前、寒冷前線がとおった直後の部分を選びます。

ここではウになりますね。

(2)②雨の降る時間と強さについての問題

直前の文に「雲が水平方向に広がる」とあるのがヒントになります。

雲の厚さはそれほどでもなく、広範囲にわたるわけですから、降る時間は「長く」、雨の強さは「弱い」となります。

(3)①気圧(hPa)を答える問題

社会の等高線と同じ解き方です。

太い等圧線をみると、980,1000,1020となってます。

その間には4本の等圧線が引かれていることが分かりますので、等圧線は4hPaごとにひかれています。

P地点に一番近い太い等圧線は1020です。

Pの近くには低気圧がありますので、1020より低いと考え1020-4-4=1012(hPa)となります。

(3)②天気の記号と雲量を答える問題

天気図記号と雲の量の関係は覚えておきましょう。

くもりと晴れの記号を逆に覚えてしまう生徒がよくいましたよ。

くもりは二重丸の記号なので、この記号は「晴れ」です。

(4)空気1m3の水蒸気量を求める問題

飽和水蒸気量を湿度100%と考えましょう。

18度の飽和水蒸気量15.4g/m3の45%を求めます。

15.4×45÷100=6.93となるので、小数点第2位を四捨五入して6.9gとなります。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder 最近読んだ本

親として大切なこと

No Image

more...