連立方程式 【年齢に関する問題】その1

濃度に関する問題が終わって、次に出す問題は平均に関するものか、年齢に関するものか、どちらにするか迷いました。

どの生徒も取り組みやすいだろうと判断した結果、今回は年齢に関する連立方程式の問題を先に取り上げます。

しかし問題を作成するにあたって、もとになる資料・問題集などを探したりしたのですが、良い題材がなかなか見つかりませんでした。

年齢に関する問題って、思ったよりバリエーションが限られてしまうんですね。

ですので、年齢に関する問題は、他の分野と異なり、今回と次回の2回だけになります。

★★2つまでの難易度ですのでご了承願います。

問題(★)

現在父と子の年齢の和は52歳である。

今から4年後には、父の年齢はこの年齢の3倍になるという。

現在の父と子の年齢をそれぞれ求めなさい。

⇒解き方と解答はこちらから(jpg画像)

次回は年齢に関する★★2つの問題を出題します。

良い題材が見つかれば、問題を作成して追加する予定です(‘ω’)ノ

お知らせ

もっと連立方程式を解きたい人は、駿英家庭教師学院で「連立方程式の応用問題」というオリジナル問題集を出していますので、ぜひ内容をご覧ください。

⇒「連立方程式の応用問題」のページはこちらからどうぞ


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です