連立方程式 【濃度に関する問題】その2

濃度に関する問題の2回目です。

前回は食塩水の質量を求める問題でしたが、今度は食塩水の濃度を求めてみましょう。

問題(★★)

食塩水A100gと食塩水B300gとを混ぜると13%の食塩水ができ、食塩水A200gと食塩水B100gとを混ぜると8%の食塩水ができる。

食塩水A、Bのそれぞれの濃度を求めなさい。

⇒解き方と解答はこちらから(jpg画像)

※ポイント

食塩水に含まれる食塩の量に関する式を2つ作ります。

お知らせ

もっと連立方程式を解きたい人は、駿英家庭教師学院で「連立方程式の応用問題」というオリジナル問題集を出していますので、ぜひ内容をご覧ください。

⇒「連立方程式の応用問題」のページはこちらからどうぞ


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です