N.Kaneta BLOG

家庭教師の仕事内容や、中学校問題の解き方を教えます。

Home » 福島民報力だめし(2016年まで) » 英語 » 福島民報力だめし(2016英語42)~対話文・和文英訳~

福島民報力だめし(2016英語42)~対話文・和文英訳~

calendar

英語の42回目は対話文についての問題と和文英訳の問題です。

【1】ジェニー(Jenny)とユミ(Yumi)との対話文の問題

まずは和訳から。

Jenny(以下J):[ ア ]

Yumi(以下Y):いいえ、次の日曜日は何もすることがありません。

J:[ A ]そのための映画をつくりました。短いがとても面白いです。フェスティバルに来ませんか?

Y:もちろん。[ イ ]

J:文化ホールで観ることができます。

Y:わかりました。[ ウ ]

J:3つの映画をつくりました。そのうちの1つは私たちの学校生活についてのものです、だから何人かの友達が出ています。

Y:本当?みてみたい。チケットはいくら?

J:買う必要はありません。どうぞ。

Y:ありがとう。親切ね。

J:フェスティバルは10時にはじまります。

Y:わかった。[ B ]映画を観るのを楽しみにしています。

J:映画を楽しんでください。

(1)答えに対する問いを作る問題

答えの内容から文を作ります。直後の内容から推測しましょう。

ア・・・直後の”No,I have nothing to do next Sunday.”を疑問文になおしましょう。

その際”nothing”は”anything”にすることに注意。

“Do you have anything to do next Sunday?”となります。

イ・・・”in the culture hall”をたずねる問題です。場所をきく疑問文を作ります。

その場合、主語は”you”ではなく”I”になることに注意しましょう。

“Where can I see them?”となりますね。

ウ・・・”three movies”をたずねる問題。数をきく疑問文をつくります。

“How many”のあとに”movies”をつけるのを忘れないように。

“How many movies did you make?”です。

(2) [A][B]にはいる適切な選択肢を選ぶ問題

[A]・・・直後の文の”it”が”festival”を指しています。よって、その語がふくまれているエかオにしぼります。

次に、書かれている内容を調べます。

すると、エは学校に来ることが本文の内容とは合わないのでオを選びます。

[B]・・・前の文に”ten o’clock”とありますので、その語がふくまれているア、イ、カにしぼります。

次に書かれている内容を調べます。

イ・・・映画を観に行かない内容なので×。

カ・・・チケットを買う必要はないので×。

よってアを選びます。

【2】和文英訳の問題

模範回答がありますが、少しアドバイスを。

基本的に1つの文でつくりますが、うまく作れない場合は、2つの文をまずつくってから1つにするという方法もあります。

(1)なら”When I heard your speech,I was very surprised.”

(2)なら”Who will come tomorrow? Do you know that?”というように。

2つの文を1つの文にする問題を復習しておきましょうね(^^)/

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder 最近読んだ本

親として大切なこと

No Image

more...