補習【速さに関する問題】

次の連立方程式の問題に移る前に、速さに関する問題を1問のせてみます。

ただし、この問題は連立方程式ではなく、普通の方程式の考え方で解けます。

連立方程式ではありませんので、気になる方だけ解いてみてください(^^)/

栃木県公立高校 平成28年度問題(一部抜粋)(★★★)

1周が3kmの周回コースがある。このコースを、花子さんはサイクリング、お父さんと兄の太郎さんはランニングをした。

花子さんは、一定の速さで走り、54分間でこのコースを6周した。3人それぞれについて、出発してからx分間で走った距離をykmとする。

太郎さんは、花子さんと同時に、同じ地点を逆方向へ出発した。太郎さんは出発してから、一定の速さで走り、48分間でこのコースを3周して走り終えた。太郎さんと花子さんが5度目にすれ違ったのは、2人が出発してから何分何秒後か。

⇒解き方と解答はこちらから(jpg画像)

ポイント

解き方の基本は、やはり(道のり)=(速さ)×(時間)です。

まず、最初にすれ違う場合について考えましょう。

◇◇◇ お知らせ ◇◇◇

もっと連立方程式を解きたい人は、駿英家庭教師学院で「連立方程式の応用問題」というオリジナル問題集を出していますので、ぜひ内容をご覧ください。
⇒「連立方程式の応用問題」のページはこちらからどうぞ


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です