N.Kaneta BLOG

家庭教師の仕事内容や、中学校問題の解き方を教えます。

Home » 福島民報力だめし(2016年まで) » 英語 » 福島民報力だめし(英語12)

福島民報力だめし(英語12)

calendar

中3の受験生は、今週末に新教研テストがありますね。
1,2年生のときにならった箇所が出題されるので、復習をしっかりおこなってくださいね。
さて、今回はスピーチの文章を読んで解く問題です。
まずは和訳から。
 皆さん、おはようございます。私の名前はあきこです。私は今オーストラリアに住んでいます、そして、語学学校で勉強しています。私はオーストラリアで、ある大切なことを学びました。教はそのことについてお話しするつもりです。
 私が短期大学を卒業したとき、私のお父さんはオーストラリアで働かなければなりませんでした。お父さんは私に「あきこをオーストラリアに連れて行きたいんだ。そこで一緒に暮らすつもりだ。」といいました。私は外国語や外国の文化に興味がありました。だから、私はお父さんの言葉をきいてとてもうれしかったです。
 オーストラリアで私は語学学校で英語を勉強し始めました。先生方はとてもよくしてくれ、親切だったので、私は授業で学ぶことを楽しむことができました。
 ある日、私はある若い女性に会いました。彼女は私の家の近くに住んでました。彼女の名前はジェーンでした。彼女は日本語をとても上手に話しました。私たちはよい友達になりました。私たちは時々自分たちの国について話しました、そして、彼女は私にオーストラリアの学校について話しました。彼女のお父さんは、高校で日本語を教えていました。ジェーンは私にいいました、「〔    〕」私はいいました、「ええ、もちろん。」それで、1週間後、ジェーンは私を彼女のお父さんのところへ連れて行ったのです。
 彼女のお父さんの日本語の授業で、私は日本について話しました、そして、彼がひらがなと折紙を教えたときに彼を手伝いました。生徒たちは折紙をとても楽しみました、そして、折紙を作るよう私に何度も頼んできました。授業が終わって、数人の生徒が私のところに来て、日本語や日本の文化について、多くの質問をしてきました。それらの質問のいくつかは答えるのが難しかったです。私は日本について学ばなければならないと思いました。
 彼女のお父さんの日本語の授業を訪れたことはすばらしい経験でした。今私は日本語や日本の文化について知ることは大切だと思います。私はもっとそれらについて学んで、いつかオーストラリアの人々にそれらを教えたいです。
 皆さんは外国の人々と話す機会があるでしょう。もちろん、外国語を学ぶことは大切です。でも、私たち自身の文化について学ぶこともまた大切なのです。
・解説
(1)第2段落の”  ”の中を正確に和訳すればできると思います。
(2)ア「今日本語について学びたいですか?」
   イ「今まで私のお父さんの学校で日本語を教えたことがありますか?」
   ウ「オーストラリアの短期大学を卒業しましたか?」
   エ「私のお父さんの日本語の授業を訪れることができますか?」
   後の文章、So Jane took…の内容に合うのはエですね。
(3)最後から2つ目の段落のI want to learn….の箇所を和訳します。
(4)ア.あきこの父はオーストラリアにある会社で働くためにオーストラリアへ行った。
   イ.あきこは高校で日本語を教えるためにオーストラリアへ行った。
   ウ.ジェーンのお父さんは英語の先生として高校で働いていた。
   エ.あきこはジェーンと日本やオーストラリアのことについて話さなかった。
   オ.ジェーンのお父さんの学校の生徒は折紙に興味があった。
 本文の内容に合うのはアとオですね。
(5)本文中から当てはまる単語を抜き出す問題。
 
 ①最初の段落を読めばわかります。進行形の箇所は1つしかありませんし。
 
 ②5段落目のところから該当する箇所を探しましょう。
 ③探し出すのは難しい問題だと思います。
  そのまま当てはまる文章が見当たりませんし、該当する語句はまったく別の箇所にあるのですから。
  前の単語がbecameなので、be interested in …を知っていても、ここに入るのは連想できないかも。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder 最近読んだ本

親として大切なこと

No Image

more...