連立方程式 【速さに関する問題】その3

連立方程式の速さに関する問題3回目です。

今回は入試の過去問を出題します。

といっても、そのままの内容では出題しませんよ。

数値を変えてみましたのでチャレンジしてくださいね(‘ω’)ノ

平成12年度問題改(★★★)

A君の家から中学校、図書館を経て家に戻るまでの道のりは4kmである。
A君が、時速4kmの速さで歩いて家と図書館を往復するのにかかる時間と、時速10kmの速さで自転車に乗って家から中学校、高校、図書館を経て家に戻るまでにかかる時間は同じである。ただし、いずれの場合も遠回りはしていないものとする。

A君の家から中学校までの道のりと、A君の家から図書館までの道のりを求めなさい。

⇒解き方と解答はこちらから(jpg画像)

どうでしたか?うまく解けましたか?

今回で速さに関する問題は終わりにしますね。

次回は生徒数の増減に関する問題をだす予定です(@^^)/~~~

◇◇◇ お知らせ ◇◇◇

もっと連立方程式を解きたい人は、駿英家庭教師学院で「連立方程式の応用問題」というオリジナル問題集を出していますので、ぜひ内容をご覧ください。
⇒「連立方程式の応用問題」のページはこちらからどうぞ


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です