連立方程式 【速さに関する問題】その1

今日は速さに関する問題です。難易度は★~★★★で表すと、★1つ。基本問題です。

問題

家から2300m離れたA駅に行くのに25分かかった。
途中にあるB君の家までは毎分80m、B君の家から駅までは毎分120mの速さで進んだら合計で25分かかった。

(1)家からB君の家までの距離、B君の家から駅までの距離をそれぞれ求めなさい。

⇒解き方と解答はこちらから(jpg形式です)

(2)家からB君の家までかかった時間、B君の家から駅までかかった時間をそれぞれ求めなさい。

⇒解き方と解答はこちらから(jpg形式です)

※道のり=速さ×時間の式をしっかり理解できているかがポイントです。
この式を変えて、
速さ=道のり÷時間
時間=道のり÷速さ
もできるようにしましょう。

明日も引き続き、速さに関する問題を考えています。
今日よりは難しくしておきますよ(^-^

◇◇◇ お知らせ ◇◇◇

もっと連立方程式を解きたい人は、駿英家庭教師学院で「連立方程式の応用問題」というオリジナル問題集を出していますので、ぜひ内容をご覧ください。
⇒「連立方程式の応用問題」のページはこちらからどうぞ


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です