【中2】証明問題が苦手です。

中学2年生の数学を教えてきました。

学校では、図形のところを習っているようで、二等辺三角形や正三角形、平行四辺形の性質について学んでいるようです。

図形のところでは、角度や長さを求める問題が出題されますが、そのほかに三角形の合同条件を用いた証明問題も出題されます。

計算問題とは違い、文章も書かなければならないので、図形の証明問題は苦手という生徒を数多く見てきました。

今教えている生徒も、証明問題の解き方が全然わからず、ワークなどの問題も出来ないでいる状況でした。

生徒から話を聞いてみると、証明の最初から何を書いたらよいのか、全然わからないそうです。

最初のところでつまづいているようなので、まずは、教科書の例題やワークのA問題(基本問題)について、徹底的に型にはめて考えさせました。

型といっても、複雑ではなく、このような簡単なものです。

△___と△___において、

____=____(       )

____=____(       )

____=____(       )

よって、
___________________

がそれぞれ等しいので

△___≡△___

したがって、
___=___

下線部には文字や合同条件を、カッコのところにはそうなった理由を記入させます。

生徒に2,3問解かせてみたら、なんとか理解してきたようです。

まずは証明に慣れてもらわないと。

中2の図形の範囲では、証明問題がずっと出題されますし、入試にも必ず出題されるところなので、何度も練習して理解してもらいたいですね。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です