【中3】選抜志願理由書

家庭教師は、不得意な科目や強化したい科目を中心に授業を行いますが、生徒から県立Ⅰ期や私立推薦の志願書についての相談を受けたりもします。

相談の内容は、志願書を学校に提出するのに、書き方が分からないというのがほとんど。

このような文章は、ほとんどの生徒は書いたりしたことがないので、何を書いたらいいのかわからないのでしょうが、生徒自身のやりたいことや進路などを、あらためて確認させるいいきっかけになったりします。

私が代わりに書くわけにはいかないので、行きたい高校のパンフレットを見ながら、その生徒にいろいろ質問をして、帰ってきた答えを書き留めて、それをもとに志願動機や入学後の抱負などをまとめさせて、記入する欄をほとんど文字で埋まるように書かせます。

ここまでおこなうと、半分くらいまで授業時間を使ってしまうので、残りの時間で通常通りの授業を行います。

時間が足りないので、やらせたいことをすべて行うことはできませんが、しょうがないです。

書類の提出期限がすぐというのばかりなので。

出来なかった分は宿題にしたりもします。

来月から県立Ⅰ期や私立の推薦入試などが始まります。

生徒は、学校で面接や作文・小論文の練習などあるのでしょうが、勉強とのバランスをうまく取りながら、進めていってもらいたいですね。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です