【高校_生物】こまった。

高校生の生物を教えてきました。

高校の生物は、生徒の要望があれば、アドバイスしますが、必ずしも全員の生徒からではないので、毎年高校生に教えてはいません。数年ごとにあるかないかの頻度です。

それで、久しぶりに教えてみたのですが、困ったことに、教科書の改訂があったらしく、今まで使用していた参考書では対応できなくなっていました。

今回、生徒に教えたところは、遺伝子とDNAの範囲です。

DNAの構造のところでは、私が持っている参考書には、ヌクレオチドの説明は

となっています。しかし生徒のワークでは、

塩基+デオキシリボース(糖)+リン酸

となっており、「五炭糖」の語句は見当たらなくなっていました。

その代わり、あまり覚えることがなかった4種のヌクレオチド

デオキシアデニル酸(dAMP)
デオキシグアニル酸(dGMP)
デオキシシチジル酸(dCMP)
デオキシチミジル酸(dTMP)

を答えさせる問題が出ていました。

このほかにも、血液凝固のところでも変化がありました。

凝固のしくみは、ほとんど同じなのですが、新たに「繊溶」の項目が追加されており、私が持っている参考書では、太刀打ちできませんでした。

教える内容も、知らず知らずのうちにアップグレードされているんですね。

生徒には、教科書も持参するように念を押したのは、言うまでもありません(*_*;


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です