N.Kaneta BLOG

家庭教師の仕事内容や、中学校問題の解き方を教えます。

Home » 福島民報力だめし(2016年まで) » 英語 » 福島民報力だめし(2016英語31)~会話文についての問題~

福島民報力だめし(2016英語31)~会話文についての問題~

calendar

reload

福島民報力だめし(2016英語31)~会話文についての問題~

英語の31回目。ガソリンスタンドで職場体験をしてきたカズコとAETのPeter先生との会話文についての問題です。
まずは、和訳から。
P(Peter):やあ、カズコ。職場体験はどうだった?
K(カズコ):本当に良かったです。ガソリンスタンドで働きました。
P:最初の日はどうだった?
K:大丈夫でした。でもとても緊張しました。【ア】
P:店長はよかったかい?
K:はい、私をたくさん手伝ってくれました。店長はこう言いました、「最初にやらなきゃいけないことは、お客さんにあいさつをすることだ、。お客さんが来たら『いらっしゃいませ』と言わなければならないよ。それは簡単だろ。【イ】」私はできると思いました。でも、最初の日にミスをしてしまいました。
P:何をしたの?
K:ええ、1台の車がガソリンスタンドに来ました。みんな「いらっしゃいませ」と叫んだけど、私は、ちょうど車の窓をきれいにし始めたところでした。
P:それはいけないね。君は①店長が言った大切なことを忘れたんだ。
K:そうです。大きなミスをしました。【ウ】
P:あいさつはとても大切だよ。
K:はい。初日に私は小さな声でしかお客さんにあいさつができなかったんです。でも、2日目、3日目、それは最後の日ですが、(以前より)もっとよくあいさつができました。大声でお客さんにあいさつしました。すると、お客さんは私に微笑んでくれました。彼らの微笑みを見るととてもうれしったです。それから、職場体験を終えたときに、店長が私に手紙をくれました。②このことは私をもっとうれしくさせました。
P:本当?なんと言っていたの?
K:これがその手紙です。それにはこう書いてあります、「カズコ、我々のガソリンスタンドで一生けんめい働いてくれてありがとう。職場体験を通して、多くのことを学んだと思います。これらのことが、あなたの学校生活に役立つことを望みます。またきてください。」
P:それはすばらしい。良い体験をしたね。
K:はい。本当に良い体験をしました。決して忘れません。明日店長にお礼の手紙を書くつもりです【ウ】(とありますがたぶん【エ】)
ここからが解説です。
(1)①の内容は「店長が言った大切なこと」なので、店長の言った”  “のなかから考えましょう。”must….”のところが大切なことにあたりますので、この場合は、
お客さんが来たら「いらっしゃいませ」と言うこと
が答えになります。文末は「~こと」となるのに注意。
(2)”That”は②の直前の内容を指しますので、”my boss gave me a letter”を訳し、(1)の問題と同じように、「~こと」でおわらせるように。
答えは「店長が手紙をくれたこと」になります。
(3)カズコの会話に、”on the third day,my last day”とあるので、最後の日が3日目です。3日間働いたことになります。あとは、問題文通りに答えること。
She worked there for three days.が答えです。
(4)”You can do it.”「きみならできる。」を【ア】~【エ】のどこに入れるかを考えると、イになります。入れてみると、
「簡単だ。きみならできる。」私はできると思ったが、初日にミスをしてしまった。・・・
と、うまく文章がつながります。
(5)本文の内容と合うものを選択する問題。
ア・・・”on the second day”が誤り。
イ・・・”on the last day”が誤り。
ウ・・・手紙はこれから書くつもりなので誤り。
ということで、エが正解です。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder 最近読んだ本

親として大切なこと

No Image

more...