福島民報力だめし(2016国語10) ~文学的文章の読解~

力だめし、国語の10回目は米原万里「魔女の1ダース」からの出題です。

(1)漢字問題3問

(2)傍線部の内容を本文から探す問題

「五十三字」という条件があるので、かえって見つけやすいはず。

(3)第三段落と第四段落との関係を選ぶ問題

第三段落の要約
・ロシア語を早くしゃべりだすのは言語的に近い語を話す子どもたち
・言語的に離れた日本語を話す子どもたちは時間がかかる
第四段落の要約
・言語的に近くても完璧なロシア語を身につけられない
・母国語による学習語に対する言語干渉が起こってしまう
以上のことから、最も近いのはエとなります。

(4)傍線部の内容を説明する問題

「面白い」内容は、その直後に書かれているので、そこから決められた条件にそって、四十五字以内でまとめればよい。

(5)本文の内容を選ぶ問題

ア.第二段落に「聖書のフィクション」と書かれているので誤り。
イ.第一段落に「先生とも学友とも意思ソツウがはかれなくて並々ならぬ寂しさと苦痛を味わう」とあるので誤り。
ウ.学校生活の具体的内容には書かれていないので誤り。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です