民報チャレンジ(英語40)対話文の適語選択問題

民報チャレンジ英語40の解説です。

家族旅行でアメリカのホテルに滞在中のダイキが、友人のトムと話をしています。この対話文を読んで、(1)から(4)に入る英文を入れる問題です。

対話文の内容は以下のとおりです。

ト ム:ダイキ、ホテルでの夜はどうだった?
ダイキ:よかったよ。(1)

ト ム:いいよ、何?
ダイキ:僕の家族はホテルのレストランで夕食をとったんだ。

ト ム:君たちが?それで?
ダイキ:接客係が父さんにこう言ったんだ、「あなたはダンサーですか?」

ト ム:ダンサーだって?
ダイキ:(2)もちろん、父さんは違うと言ったよ、そしたら接客係は行ってしまったよ。

ト ム:彼は君の父さんに、ダンスについて尋ねていないと思うよ。
ダイキ:(3)

ト ム:彼は、「お済みですか?」と言ったと思う。
ダイキ:それはどういう意味?

ト ム:「食べるのを終えましたか?」という意味だよ。
ダイキ:彼は皿を片づけたかったのかい?

ト ム:そう。でも君の父さんは、いいえと言ったから、彼は立ち去ったのさ。
ダイキ:(4)

ト ム:大丈夫。言葉を学ぶことというのは、そんなもんさ。


スポンサーリンク

ここからが解説になりますが、今回の問題は★一つの難易度なので、意味が分かればどの選択肢が入るのか、分かるはずですよ。

(1)

ア:君のホテルはどうだった?
イ:何か間違ったことを言った?
ウ:どうして僕にもっと言ってくれないの?
エ:きいてもいいかい?

(2)

ア:うん、彼とダンスができてうれしかった。
イ:いや、接客係は僕を見ていた。
ウ:うん、そのことを聞いて驚いた。
エ:いや、接客係は「選手」と言ったんだ。

(3)

ア:彼は何について尋ねたの?
イ:彼はどこへ行ったの?
ウ:彼は誰にそのことを尋ねたかったの?
エ:なぜ彼は立ち去りたかったの?

(4)

ア:僕は彼に皿をあげたんだ!
イ:僕たちは彼を理解していなかった!
ウ:僕は彼をとても理解していた!
エ:僕たちは食べることを終えていなかった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です