民報チャレンジ(英語35)会話文の問題

民報チャレンジ英語35の解説です。明子と拓也がグリーン先生と放課後に会話をしている場面です。

会話の内容は以下のとおりです。

拓也:明子、手にしているのは何?
明子:[1]来週それを幼稚園に持っていくつもりです。

拓也:私たちは一緒にそこに行くつもりです。
グリーン先生:それはいいですね。以前英語を教えるために、幼稚園に行ったことがあります。小さい子供たちは絵本が好きです。彼らは楽しんでくれると思いますよ。

明子:それを聞いてうれしいです。[2]全部のページにあります。
グリーン先生:明子、あなたは小さな子供が好きなものを知っています。拓也、あなたは何をするつもりですか?

拓也:私は子どもたちと一緒に何か活動的な事をしたいのですが、まだ決めていません。
グリーン先生:わかりました。拓也、彼らとサッカーをするのはどうですか?あなたはサッカーをするのが上手です。

拓也:それはいい考えです。私のサッカーボールをそこへ持って行き、彼らのために使うつもりです。
明子:待って。[3]彼らは小さくて柔らかいボールを使っていたわ。

拓也:本当?その番組を見ていなかったよ。私のサッカーボールは小さな子どもたちにとっては大きすぎて、硬すぎるかもしれないね。
グリーン先生:ボールは子どもたちを傷付けるかもしれないから使うことはできないと思います。

明子:小さくて柔らかいボールならいいわ。[4]それなら簡単ね。
拓也:それはいい。

明子:そのボールのつくり方を教えてあげましょうか?それは牛乳パックで作られています。
拓也:ぜひ。ありがとう、グリーン先生、明子。あなたたちは私に大切なことを教えてくれました。私は人が望んでいるものと彼らができることを知らねばなりません。人のために何かをするとき、私たちはそのようなことを理解すべきです。

グリーン先生:そのとおり。


スポンサーリンク

ここから解説になります。

(1)[1]から[4]に入るものを選ぶ

選択肢の内容を訳してみると、

ア「大きい物と小さい物どちらが好きですか?」
イ「それはたくさんの動物の絵があります。」
ウ「私はボールを使って遊んでいた小さな子供をテレビで見ました。」
エ「私はそれをどこでするべきかを考えています。」
オ「私が作った絵本です。」
カ「子どもたちのためにそれを作ってみませんか?」

[1]

後ろの文に、”I will take it…”とあります。”it”が指すものに合うのは、オの”a picture book“が該当しますので、になります。

[2]

後ろの文に、”There is one…”とあります。”one”が指すものに合うのは、イの”a lot of pictures of animals“ですので、になります。

[3]

これも後ろの文から推測します。”a small and soft one”の”one”は、ウの”ball“となりますので、になります。

[4]

後ろの部分を読んでみると、ボールを作ることについて会話をしているので、を選びます。

(2)適語補充

「行く」などの語句を入れますが、“go”の場合は”to”も入り2語となるので、”visit“「訪れる」を入れるのがいいですね。

拓也の最後の会話文中、”people’s wishes“を言い換えた部分ので、”want“を入れるのが適切です。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です