民報チャレンジ(国語29)「植物のあっぱれな生き方」からの出題

民報チャレンジ国語の29回目は、田中修(たなかおさむ)著「植物のあっぱれな生き方」からの出題です。

本文中に書かれている「頂芽優勢」とか「オーキシン」、「サイトカイニン」などの語句は、高校の生物で習うところですね。このような語句を目にすると、参考書片手に必死に暗記していたころを思い出します(^-^;

(1)本文中の言葉を使って、30字以上40字以内で書く

傍線部①の前に、「だから」とありますので、前の部分にその理由があると考えられます。前の部分から40字以内でまとめましょう。

模範解答ですと、
「肉食の動物が食べる動物も、もとをたどれば、植物を食べているから。」
ですが、本文中の表現をなるべく使う場合は、
「肉食動物に食べられる動物は、もとをたどれば、植物を食べて大きくなったから。」
などのような、解答でもよいのではないでしょうか。

(2)「られる」の用法

選択肢の「られる」の用法は以下のとおりです。、

ア:敬語(尊敬)
イ:可能
ウ:受け身
エ:自発

傍線部の「られる」は「受け身」ですので、が正解ですね。

(3)本文中の言葉を使って、30字以上40字以内で書く

傍線部③のあとにある「頂芽優勢」という語句を後の部分から探します。すると、傍線部③の段落から数えて、4段落目に「頂芽優勢という現象は…」とあるので、ここから内容をまとめます。

この場合は、段落の最後の部分に「  」でくくられているところを、そのまま解答にすればいいので、見つけることができれば、楽な問題といえますね。

「オーキシンが、茎を通って下のほうに移動し、側芽の成長を抑えているから。」

(4)接続詞の問題

前の部分は「サイトカイニン」という物質についての性質を述べています。
後の部分は「オーキシン」という物質について述べています。

前の部分と後の部分とでは、話がつながっていないので、の「一方」を選びます。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です