N.Kaneta BLOG

家庭教師の仕事内容や、中学校問題の解き方を教えます。

Home » 民報チャレンジ(2017年) » 民報数学(2017) » 民報チャレンジ(数学28)

民報チャレンジ(数学28)

calendar

民報チャレンジ数学の28回目の解説です。

【1】

(1)相対度数を求める

・A中学校
18÷56=0.321…
小数第3位を四捨五入して0.32

・B中学校
51÷168=0.303
小数第3位を四捨五入して0.30

大きい方を答えるので、0.32が答えです。

(2)連立方程式の利用

模範解答が載っていますので省略します。

(3)文字式の利用

これも模範解答が載っていますので省略します。

【2】1次関数の利用

(1)

暖房の強さが「強」で、1時間20分使用したことになります。
1時間の灯油の消費量が0.75Lですので、あとは20分間の消費量が分かればいいですね。
20分は1時間(60分)の3分の1ですので、0.75Lを3で割って、0.25L。

0.75と0.25を合わせてちょうど1Lなので、最初の灯油の量9Lから1Lを引いて、8Lが残りとなります。

(2)

x=4のとき
暖房の強さは「強」ですので、消費量は0.75×4=3(L)です。
残りの量はy=9-3=6(L)

x=8のとき
暖房の強さは「弱」ですので、消費量は0.25×4=1(L)
残りの量はy=6-1=5(L)

あとは2点(4,6)(8,5)をとおる直線の式を求めます。
求める式をy=ax+bとおくと、
(4,6)をとおるので、6=4a+b・・・①
(8,5)をとおるので、5=8a+b・・・②
①-②
1=-4a、a=-1/4・・・③

③を①に代入
6=-1+b
b=7

よって、y=-1/4x+7

(3)

まず、午後4時の灯油の残りの量を求めます。

午後3時の灯油の残りは5L。午後3時から午後4時までは「強」で使用したので、午後4時の灯油の残りは、5-0.75=4.25(L)。

次に、暖房機の使用時間を求めます。

灯油の消費量を求めます。最初の灯油の量は9Lですので、
消費量は、9-4.25=4.75(L)です。

使用時間は、1時間で0.5L消費することから、
4.75÷0.5=9.5(時間)
となります。

最後に、午後4時(16時)から9.5時間(9時間30分)前の時間を答えればいいですね。
答えは、午前6時30分になります。

[ads_code_5]

folder 最近読んだ本

親として大切なこと

No Image

more...