N.Kaneta BLOG

家庭教師の仕事内容や、中学校問題の解き方を教えます。

Home » 民報チャレンジ(2017年) » 民報国語(2017) » 民報チャレンジ(国語27)「弱者の戦略」からの出題

民報チャレンジ(国語27)「弱者の戦略」からの出題

calendar

民報チャレンジ国語の27回、稲垣栄洋(いながきひでひろ)著「弱者の戦略」からの出題です。

(1)理由を30字以上35字以内で説明する

つい、本文中すべてから探したくなりますが、傍線部①の段落は、「そのため」で始まっています。

ということは、前の段落の内容を受けていると予想できるので、前の段落から理由を説明している部分を探してみます。

すると、空欄部のあとの言葉、「自分がナンバー1になる自分の居場所を作る必要がありから。」に対応した、「つまり、ナンバー1になれるオンリー1の場所こそが、・・・」が見つかります。

ということは、その前の部分が空欄に入る言葉と考えられます。

その前の部分「もし、ニッチが重なれば、重なったところでは激しい競争が起こり、どちらか一種だけが生き残る。」から、30字以上35字以内で書いてみましょう。

「ニッチが重なったところでは、激しい競争が起こり、一種だけが生き残る」というのが模範解答の例として挙げられています。

(2)空欄に当てはまる言葉を本文中から9字で抜き出す

ポイントとなる言葉は「ニッチの条件」です。本文中からポイントとなる言葉を探してみます。

すると、本文の下段の最初の段落が、「このように、条件を・・・」で始まっており、他には「条件」という語句が見られないようなので、この段落から該当する部分を探します。

すると「小さく狭く、細かく」がちょうど9字になりますので、この部分を抜き出します。

(3)適当なものを2つ選ぶ

イ:同じ種類の生物は5つのパズルのピースのうち1つしかなく、しかも争っている図ではないので、×

ウ:本文中には述べられていない内容なので、×

オ:パズルのピースにはそのようなものは描かれていないので、×

よって、ア、エが正解になります。

[ads_code_5]

folder 最近読んだ本

親として大切なこと

No Image

more...