民報チャレンジ(英語24)単語選択など

民報チャレンジ英語の24回目の解説です。会話文の問題でトモヤとユリが教室で学校のALT、ジョーンズ先生と話をしています。

内容は以下のとおりです。

ジョーンズ先生:あなたたちは、あと1カ月でこの中学校を卒業するでしょう。この学校での思い出を教えてください。

トモヤ:たくさんのいい思い出があります。修学旅行で友だちと一緒に楽しく京都を訪れました、そして学園祭を忘れることはできません。ユリ、あなたはどう?

ユリ:私はバスケットボール部に所属して、バスケットボールを通じていい友達ができました。

ジョーンズ先生:あなたたちは、多くの友達がいるというのを知っています。あなたたちは、いつも彼らと一緒に楽しく過ごしていましたね?

ユリ:そうです。先生は中学生の時、たくさんの友達がいましたか?

ジョーンズ先生:ええ。私は友達と一緒に多くのスポーツをしたり、熱心に勉強をしました。彼らは友達でしたが、競争相手でもありました。

ユリ:私はチームのためにバスケットボールをしましたが、チームで最も良い選手になるために、熱心に練習しました。

トモヤ:友達は私たちにとって大切です。

ジョーンズ先生:そうですね。高校でも、新しい友達と良い思い出を作れると思いますよ。


スポンサーリンク

ここから、問題の解説になります。

・当てはまる語句を選ぶ

(ア)

“enjoy ~ing”「~を楽しむ」の用法が使われています。あてはまるのは“going”“visiting”ですが、”going”の場合はそのあとに“to”が必要になりますので、“visiting”を選びます。

(イ)

“make”をどのように訳するかがポイントですが、普通に「作る」という意味ですね。“through”を使って、「~をとおして」という意味になります。

(ウ)

直前に“many”がありますので、名詞が入ります。この中からだと、“baseball”“sports”ですが、“baseball”は普通は数えられない名詞ですので、前に”many”は来ません。よって“sports”になります。

(エ)

直後に“friends”とありますので、それを説明する単語が来ます。“another”“new”が候補ですが、“another”の場合は、後にくる単語は複数形にはならないので、“new”が入ります。

・当てはまる語句を書く

be動詞が入ります。文全体が過去形で述べられているので、”you”に付くbe動詞の過去形“were”が入ります。

文全体が過去形で表しているのに“become”と原形のままであることに注意。容易に”and”などの語句を入れないように。不定詞の3つの用法を覚えていれば、「~するために」と意味だということが分かるはずです。“to”が入ります。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です