N.Kaneta BLOG

家庭教師の仕事内容や、中学校問題の解き方を教えます。

Home » 民報チャレンジ(2017年) » 民報国語(2017) » 民報チャレンジ(国語24)「科学・技術と現代社会」からの出題

民報チャレンジ(国語24)「科学・技術と現代社会」からの出題

calendar

民報チャレンジ国語の24回目は、池内了(いけうちさとる)著「科学・技術と現代社会」からの出題なのですが、今回は本文の内容とは、ほとんど関係ない問題になっています。

漢字や熟語の構成の説明なら、わざわざ長々と文章を載せなくとも、単問で数多くの問題を出した方が受験生にとっては、入試問題対策になるのですが・・・。

3問だけなので、解説しなくともいいと思いましたが、一応解説しときます。

(1)同じ漢字を含むものを選ぶ

A.

ア、技巧の「技」
イ、議決の「議」
ウ、講義の「義」
エ、半信半疑の「疑」

不思議の「議」と同じものはです。

B.

ア、貧困の「困」
イ、古今の「今」
ウ、混迷の「混」
エ、根絶の「根」

根拠の「根」と同じものはですね。

C.

ア、出典の「典」
イ、展望の「展」
ウ、天衣無縫の「天」
エ、点滅の「点」

典型の「典」と同じものはです。

D.

ア、携帯の「帯」
イ、体得の「体」
ウ、生態の「態」
エ、待機の「待」

状態の「態」と同じものはです。

(2)適切な言いかえの表現を選ぶ

傍線部①の前の部分で、アインシュタインも見えない部分で何が起こり、どのような仕組みが働いているかを知りたいと思っていた、ということを読み取れれば簡単ですね。「アインシュタインでなくとも」を選びます。

でも、それを知らなくとも(=知らないとしても)いろいろな文章を読んでいれば、きっと解けるはずです。このような表現に慣れてください。

(3)熟語の構成

「予想」の
予は「あらかじめ」
想は「おもう」

と分けて考えると、「あらかじめ」というのは「おもう」という語句を説明しています
ですから、「予」が「想」を修飾していますので、「上の漢字が下の漢字を修飾している」を選びます。

[ads_code_5]

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder 最近読んだ本

親として大切なこと

No Image

more...