N.Kaneta BLOG

家庭教師の仕事内容や、中学校問題の解き方を教えます。

Home » 福島民報力だめし(2016年まで) » 理科 » 福島民報力だめし(理科28)

福島民報力だめし(理科28)

calendar

reload

福島民報力だめし(理科28)

空気中に含まれる水蒸気の問題。
計算式自体は難しくないので、計算ミスがないよう気をつけること。
【1】
(2)グラフより20度の飽和水蒸気量は17.3g。
Bの部屋には1平方メートルあたり9.4gの水蒸気が含まれているので、
湿度は9.4÷17.3×100でもとめます。
54.33….となるので、小数第1位を四捨五入して、54%になります。
【3】
(1)露点が18度なので、18度の飽和水蒸気量15.4gが答えになります。
(2)露点が10度なので、10度の飽和水蒸気量9.4gが空気中に含まれます。
気温が22度なので、9.4gを22度の飽和水蒸気量19.4gで割り100をかけます。
9.4÷19.4×100=48.4・・・
となりますので、小数第1位を四捨五入して、48%となります。
(3)16度の飽和水蒸気量13.6gに湿度40%をかけます。
13.6×40÷100=5.44
小数第2位を四捨五入して、5.4gとなります。
(4)26度の飽和水蒸気量24.4gに湿度63.1%をかけます。
24.4×63.1÷100=15.3964
この値に一番近いのは、18度の飽和水蒸気量15.4gなので、
18度が答えになります。
(5)20度の飽和水蒸気量17.3gに湿度54%をかけます。
17.3×54÷100=9.342
この値に一番近いのは、10度の飽和水蒸気量9.4gなので、
10度が答えになります。
(4)、(5)は同じことを聞かれているので惑わされないように。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder 最近読んだ本

親として大切なこと

No Image

more...