N.Kaneta BLOG

家庭教師の仕事内容や、中学校問題の解き方を教えます。

Home » 福島民報力だめし(2016年まで) » 数学 » 福島民報力だめし(数学20)

福島民報力だめし(数学20)

calendar

reload

【2】
ルート3はルート1とルート4の間にあるので、整数の1と2の間にあります。
そうすると、ルート3の小数部分はルート3から1を引いた残りの部分と考えます。
x=ルート3-1を式に代入しますが、
式は(x+1)2と変形できますので、
(ルート3)2を計算し、答えは3となります。
【3】
(1)曜日を求める問題。
下にカレンダーの様式が出ていますので、
これを参考に答えを出せばよいでしょう。
(2)
8月31日は英語の勉強日なので、
9月は1・6日は理科の勉強日。
2・7日は社会、3・8日は国語、4・9日は数学、5・0日は英語となります。
9月の日曜日は1、8、15、22、29なので、9月8日が答えになります。
【4】証明問題。
ひし形をになることを証明する問題。
略しますが、三角形や四角形の性質や決定条件は復習しておきましょう。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder 最近読んだ本

親として大切なこと

No Image

more...