N.Kaneta BLOG

家庭教師の仕事内容や、中学校問題の解き方を教えます。

Home » みんゆう勉強室(2017年) » みんゆう英語(2017) » みんゆう勉強室(2017.07.11)英語 長文読解

みんゆう勉強室(2017.07.11)英語 長文読解

calendar

みんゆう勉強室、7月11日掲載分の英語についての解説です。中学校の先生である武志(Takeshi)が幼いころの思い出を回想する場面です。

和訳

第1段落

私は中学校で理科を教えてます。毎日多くの生徒が私のところへ来て、多くのことについて話します。私はいつも彼らと一緒に座って、彼らの話を聞きます。ある日、1人の生徒が私にこう尋ねました、「なぜ先生になったのですか?」と。私がその質問に①答えようとしたとき、飼い犬、ルビー(Ruby)のことを思い出しました。

第2段落

彼は私が子どものときに、家に来ました。彼は小さい犬でした。家族の一員として彼を飼えてうれしかった。私の父は彼にルビーという名を与えました。彼はすぐに私になつくようになりました。彼はいつも私に優しかった。ある日、私が彼と一緒に歩いている間、転んでしまいました。脚をけがしたので、立ち上がることができませんでした。そのとき、ルビーは私のそばに座って、私を待ってくれました。また、学校で悪いことがあったときに、私は彼の犬小屋に行き、泣きました。ルビーは私を見て私の言うことを聞いていました。私が話し終わった後、彼はお気に入りのドッグフードのひとかけらを口にくわえて持ってきて、私の前に置きました。私は微笑んで、こう言いました、「ルビー!食べられないよ!でも、ありがとう。」と。

第3段落

ルビーはいつも私のそばに座って、私の言うことを聞いてました。でも、彼が9歳の時に病気になりました。私たちは彼を病院に連れて行きました。彼は数日の間、何も食べませんでした。彼は病室のベッドで寝ていました。私は彼のそばに立って、私達のことについて彼に話した。そのとき、彼はゆっくりと目を開け、私を見た。「君はいつも私の話を聞いてたね。ありがとう。」でも、私が話し終える前に、彼は静かに目を閉じた。

第4段落

その夜、私は部屋で泣いていた。そのとき、父が入ってきて、こういった、「ルビーはとても優しい犬だった。武志、ルビーという名の意味を知っているかい?」私は「知らない。」と答えた。彼は言った、「教えてあげよう。新聞を読むとき、難しい漢字に小さな振り仮名がふってあるのをよく見るはずだ。それらの振り仮名はルビ、またはルビーとも呼ばれるんだ。それらは難しい漢字を読むときに助けになる。私はルビーがお前を助けてくれることを望んだ。だから彼をルビーと名付けたんだ。」私は言った、「お父さんやっと理由がわかったよ。彼はいつも僕のそばに座って、私の言うことを聞いていた。彼に話した後、僕はいつも生きるための希望を手に入れたんだ。彼によい名前を与えてくれてありがとう。」

第5段落

それから、父は窓を開けて、こう言った、「ルビーは、赤い宝石の名前でもあるんだ。いつでも空にルビーを見る事ができる。赤い星を見てごらん。あれがルビーだ。」「ルビーがいなくてさみしく思う。君はいつも僕を助けてくれた。ありがとう。君のようになりたい。約束するよ。」私は赤い星に向かって言った。

第6段落

「先生、きこえてますか?」生徒が尋ねた。「すまない、今日は私の犬、ルビーについて話してあげよう。彼は私の心の中にいつづけて・・・。」

問1 適語選択

ア「答える必要があった」
イ「答えようとした」
ウ「答えたかった」
エ「答えたいと思った」

前後の文脈から訳してみて、違和感なく通じるイ”tried”を選びます。

問2 日本語で答える

A

第2段落の中ほど、
Then,Ruby sat by me and wait for me.“の部分を訳します。。
そばに座り、待ってくれた」と入れます。

B

これも第2段落の中ほど、
Ruby looked at me and listened to me.“の部分を訳します。
彼を見ながら、話を聞き」と入れます。

問3 本文と一致するのを選ぶ

「武志はルビーと一緒に生活し始めたので、うれしかった。」
第2段落の初め、”I was glad to have him as a member of my family.“が該当します。

「武志はルビーのように他人の助けになるような人物になりたかった。」
最後から2つ目の段落、武志が言った、”I want to be someone like you.“が該当します。

[ads_code_5]

folder 最近読んだ本

親として大切なこと

No Image

more...