N.Kaneta BLOG

家庭教師の仕事内容や、中学校問題の解き方を教えます。

Home » 福島民報力だめし(2016年まで) » 数学 » 福島民報力だめし(数学10)

福島民報力だめし(数学10)

calendar

reload

【2】
(1)1日は24時間で、2分は120秒なので、
120÷24=5より、
1時間に5秒ずつ遅れることになります。
(2)前の解答から、(時間)×5秒=(遅れる時間)
ということが分かりますので、
x×5=yより、y=5xとなります。
(3)午後10時は、1日を24時間とすると、22時であり、
午前8時から14時間後になります。
すると、14×5=70秒遅れますので、
午後10時から70秒(1分10秒)を引いた、
午後9時58分50秒が答えになります。
【3】方程式の文章問題。
解き方が二つ解答に記されているので、
ここでは略します。
【4】図形の問題。
(1)(側面積)=(底面の円周)×(高さ)なので、
高さに3、側面積に12πをそれぞれ代入し、底面の円周を求めます。
底面の円周は4πとなるので、ここから底面の円の半径を求めます。
(円周)=2π×(半径)なので、
円周に4πを代入すると、半径は2となります。
底面の面積は
 2×2×π=4πで、これが上下2つあるので、8π。
側面積は12πとあるので、表面積は8π+12π=20πとなります。
(2)1辺が6cmの立方体の体積は6×6×6=216、
切り取った立体は、
底面が3cm、4cmの直角三角形で、
高さが5cmの三角すいです。
切り取った立体の体積は
3×4÷2×5÷3=10なので、
216-10=206立方センチメートルが答えになります。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder 最近読んだ本

親として大切なこと

No Image

more...