N.Kaneta BLOG

家庭教師の仕事内容や、中学校問題の解き方を教えます。

Home » みんゆう勉強室(2017年) » みんゆう英語(2017) » みんゆう勉強室(2017.07.04)英語 会話文

みんゆう勉強室(2017.07.04)英語 会話文

calendar

みんゆう勉強室7月4日掲載分の英語についての解説です。中学生の美緒(Mio)が先日行われた「留学生による日本語スピーチコンテスト」のプログラムの一部を見ながら、ALTのジム(Jim)先生と会話をしています。

問1 適語選択

「なんて〇〇な人なんだ!」という感嘆文を作ります。ヒントになるのは、直前の美緒(Mio)の会話文です。

“It’s our kind heart for other people.”
とありますので、ここは、素直にイの”kind”を選びましょう。エの”cool”も入れたくなりますが。

問2 指示語の内容を選ぶ

すぐ次の文に、”university“という語が出てくるので、イかウだとわかります。
また、美緒(Mio)の会話の4番目”To think other people’s feelings…”という部分がスピーチのタイトルと同じですので、イ”To Think of Other People”になります。

問3 指示語の内容を日本語で書く

すぐ前のジム先生(Jim)の会話部分、
“…,learning about foreign countries is also understanding our own culture better.
を日本語に訳します。
外国の文化について学ぶこともまた、私たち自身の文化をより理解することにつながるということ。」となります。

問4 質問に英語で答える

本文中から、”the best things about Japan“という語句を探します。すると、ジム先生(Jim)の4番目の会話にあるので、その部分を疑問文に合うように答えましょう。
この場合は、会話文の語句をそのまま抜き出して、
to be kind to other people“とすればいいですね。

答えの後半に、”so she felt good.”と疑問文に対する答えが述べられています。
よって、空欄は彼女が”good”と感じた理由を探します。

美緒(Mio)の会話の中から、”good“の単語をさがすと、最後の会話に見つかります。“because”以下に理由が述べられているので、与えられた英文に合うように答えましょう。

they gave me a chance to think about my own country
を受動態に直して、
“She was given a chance to think about her own country by them,…”
とすればよいですね。
[ads_code_5]

folder 最近読んだ本

親として大切なこと

No Image

more...