N.Kaneta BLOG

家庭教師の仕事内容や、中学校問題の解き方を教えます。

Home » 福島民報力だめし(2016年まで) » 数学 » 福島民報力だめし(数学3)

福島民報力だめし(数学3)

calendar

reload

【1】計算問題、【2】等式をある文字について解く問題、なので省略します。
【3】角度を求める問題。
(1)中心角は円周角の2倍ということから、∠xは中心角(46°)の半分になるので∠x=46°÷2=23°
(2)∠PAQ=∠PBQ=26°、∠APB=∠AQB=54°なので、∠x=26°+54°=80°
【4】
(1)
①最高点がBの+30点、最低点がDの-12点なので、差は30-(-12)=42となります。
②生徒6人の基準との差を足すと、
19+30+0+(-12)+(-5)+4=+36
36を6で割ると、平均は+6点となります。
これにCの得点50点を足した56点が6人の平均点となります。
(2)確率の問題
①6×6=36(とおり)
②(大、小)=(1,5)、(2,4)、(3,3)、(4,2)、(5,1)の5とおり。
よって確率は36分の5となります。
③(大、小)
=(1,1)、(1,2)、(1,3)、(1,4)、(1,5)、
 (2,1)、(2,2)、(2,3)、(2,4)、
 (3,1)、(3,2)、(3,3)、
 (4,1)、(4,2)、
 (5,1)の15とおり。
確率は36分の15を約分して、12分の5となります。
④積が奇数となるためには、(奇数)×(奇数)の組み合わせとなります。
奇数は1,3,5の3とおりなので、3×3=9とおりとなります。
確率は、36分の9を約分して、4分の1となります。
※サイコロが2つ出る確率の問題は、
樹形図を作るのもいいですが、
縦横それぞれ1から6までの6×6の表を作って、
マス目に計算結果などを書きこんだほうが楽に求められますね(^.^)

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder 最近読んだ本

親として大切なこと

No Image

more...