N.Kaneta BLOG

家庭教師の仕事内容や、中学校問題の解き方を教えます。

Home » 民報チャレンジ(2017年) » 民報英語(2017) » 民報チャレンジ(英語7) 適語補充、対話文

民報チャレンジ(英語7) 適語補充、対話文

calendar

民報チャレンジ英語の7回目。前半は、高校生の香織がキャンプの思い出について書いた文章についての問題で、後半は対話文の問題です。
[ads_code_5]

【1】適語補充

下にある日本語の文章と対比しながら解くことになります。ですから、どの部分を英語で書くのかを考えます。基本的な単語ばかりですので、しっかりと書けるようにしましょう。

ア「13」を”t”で始まる語で表します。”thirteen
イ「一晩」を”n”から始まる語で表します”night
ウ「見る」を”w”から始まる語で表します。”watch
エ「一緒に」を”t”から始まる語で表します”together

【2】単語の並べ替え

(1)

「ヒロキ(Hiroki)は何に興味がありますか?」という疑問文を作ります。”What”の後の部分は疑問文の形にすることと、”be interested in…”の語句を理解していれば解けると思います。”Hiroki”に付くbe動詞は”is”ですので、”am”が不要になります。
“What is Hiroki interested in ?” なので5243の順になります。

(2)

「水は地球上で一番大切なものだ。」という比較の最上級の文を作ります。
“Water is the most important thing on the earth.”で”many”は不要。2531の順です。

(3)

「彼女は生徒に好かれている音楽の先生です。」という後置修飾の文を作ります。
“She is a music teacher loved by students.”となり、”during”が不要。3514の順です。

(4)

「私たちはそれを日本語でケシゴムと呼ぶ。」という文を作ります。
“We call it keshigomu in Japanese.”で、”say”は不要。4235の順です。

(1)や(4)は中学2年生の1学期の範囲です。出来なかった生徒は2年生の教科書Unit1からUnit2のあたりをしっかり復習しましょう。
[ads_code_5]

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder 最近読んだ本

親として大切なこと

No Image

more...