N.Kaneta BLOG

家庭教師の仕事内容や、中学校問題の解き方を教えます。

Home » 福島民報力だめし(2016年まで) » 英語 » 福島民報力だめし(英語45)

福島民報力だめし(英語45)

calendar

長文読解の問題。
(1)英語で説明するときの適切な解答を選ぶ問題。
ポイントは、英文に余計な意味を自分で付けたりしないこと。
あくまでも本文中の内容に沿うものを選ぶことです。
ア.後半部”she went home”が違うので×。
イ.後半部”she is not in Kyoto now”が違うので×。
ウ.下線部の現在完了形の意味とは異なるので×。
(2)適切な語を入れる問題。
②・・・内容から推測すると、「次の月曜日に」ではなく、
「次の月曜日まで」と解釈出来ると思います。
よって、byが入るのが適当でしょう。
③・・・「君はどう思う?」と聞いているので、Whatがはいります。
(3)正しい形に書き替える問題。
④・・・現在完了形なので、動詞を過去分詞になおします。
⑥・・・進行形なので、動詞の原形にingをつけます。
受け身と混同しないように。「私」は読まれません。
(4)theyの指す箇所を答える問題。
直前のComputersになります。
(5)並べ替えの問題。
最初がItで始まるので、次に来るのは普通wasと推測できます。
usingの位置に迷いますが、普通「使う」主体は物ではなく人ですので、
wasの後にくるのではなく、peopleの後にきます。
何を「使う」かというとcomputersなので、usingの後にcomputersがきます。
ここまでまとめるとIt was people using computersとなります。
あとはどこにaboutが入るかですが、computersのあとにはfor bad purposes…と
続いてますので、最後には入りません。
そうすると残されたのはwasの後ということになります。
It was about people using computers for bad purposes.
(6)本文の内容と合っているのを選択する問題。
ア.本文中に書かれていないので×。
ウ.”if you want to make better computers”の部分が違います。
エ.”they don’t need to think of others”の部分が違います。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder 最近読んだ本

親として大切なこと

No Image

more...