【中1】テスト対策をしてきました。

私立中の1年生を教えてきました。中学に入ってから初の定期テストが再来週にあるので、テスト対策のために生徒本人は熱心に勉強していました。

テスト範囲一覧の用紙を見せてもらうと、テスト範囲が広めなのは、数学・理科・英語の3科目でした。

中でも英語は、教科書を2冊使用するので、覚える量も公立中と比べると、ほぼ2倍といった感じです。その生徒は英検4級をすでにとっているのですが、それでも「覚えるのが大変」と言っていました。

数学は、第1章「正負の数」と第2章「文字と式」の途中までです。ここでは、マイナス(-)符号の考え方と計算の仕方を教えるのに苦労しますね。おそらく計算問題が多く出題されるでしょうから、ケアレスミスがないように、同じ内容の計算問題を繰り返し解かせて、解き方を覚えるようにさせています。

理科は、第1章「植物の世界」の「葉・茎・根のつくりとはたらき」まで。花のつくりの図、裸子植物、マツの雄花と雌花あたりは間違えやすいですね。葉のつくり、光合成のあたりは、小学6年の終わりのほうで習ったばかりなので、忘れずに覚えていたようです。

初めてのテストというのは結構記憶に残るものですから、少しでもいい成績をとらせてあげたいですね。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です