民報チャレンジ(英語5)会話文

民報チャレンジ、英語5回目は、会話文についての適語選択とならべかえの問題です。難易度も★だけなので、基本的な問題ですね。


スポンサーリンク

【1】適語選択

・会話文なので、文法としてはOKでも、前後と意味がつながっていないと間違いですので気をつけましょう。

(1)

B:「病気になったり、けがをしたときにそこへ行く」ので、
「病院」を選びます。

(2)

A:「初めて行くの?」と聞いているので、今までは行ったことがないはずです。よって、をいれれば、「以前、そこへは行ったことがない」という意味になります。

イ、エを入れると、「行ったことがある」という意味になり、文法としては間違ってませんが、AとBの会話がつながらないので、×です。

(3)

B:「次の黄色い列車に乗ってください。」という答えをきく文章を考えます。

をいれると「どうやってわかば駅へいくのか教えてくれませんか」という意味になります。ほかの選択肢を選ぶと、
ア「何を行くべきか」
イ「どこで行くべきか」
ウ「いつ行くべきか」
のように、会話が繋がりませんので注意。

(4)

A:「サンドイッチつくるつもりです。手伝ってくれませんか?」
B:「OK.(  )」
A:「私にそれらの卵を持ってきてください。」

ア「私にそれらを見せてくれませんか?」
イ「私に何をしてもらいたいのですか?」
ウ「それらを欲しいのですか?」
エ「それらをいつ食べたのですか?」

このように日本語で考えてみると、が最も適当ですね。

【2】並べかえ

・一つの文まるごと並べかえるわけではありません。前後の単語などにヒントが隠されていますので見逃さないようにしましょう。

(1)

「京都は日本で最も美しい都市のひとつです。」という文をつくります。
“is one of the most beautiful cities”の順になります。

(2)

「あなたは何冊まんが本を持ってるの?」という文を作ります。
“How many”のすぐあとに”comic books”をつけましょう。
“how many comic books do you”の順になります。

(3)

「今度の週末、訪ねたい場所がありますか?」という文章をつくります。
“there any places you want”の順になります。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です