N.Kaneta BLOG

家庭教師の仕事内容や、中学校問題の解き方を教えます。

Home » みんゆう勉強室(2017年) » みんゆう理科(2017) » みんゆう勉強室(2017.04.25)理科

みんゆう勉強室(2017.04.25)理科

calendar

reload

みんゆう勉強室(2017.04.25)理科

理科の問い3、音の速さを求める問題について考えてみます。

音の速さは、空気中で約340m/sということは学んでいるはずなので、それに近い値が出なければ、計算が間違っているということも頭の中に入れておきましょう。

[ads_code_5]
小学生の算数で、(速さ)=(道のり)÷(時間)という式を学んだはずですので、この式にあてはめて考えます。

ただし、文章の内容をよく読まないと、あてはめる数値を間違えてしまいますので、この場合の道のり(距離)、時間(測定結果)は何かを理解することが、ポイントとなります。

まず、道のり(距離)から考えます。校庭の位置Cから手をたたいて、校舎から反射音が聞こえたので、たたいてから聞こえるまでの道のり(距離)は、

88.0(m)×2=176.0(m)

になります。これを連続して10回たたき続けたので、

176.0(m)×10=1760.0(m)

これが道のりの部分になります。

次に、時間について考えます。問題文には測定結果は10.4秒とあるので、これをダイレクトに入れてしまえばいいのではないか、と思いますが、問題文をよく読んでみると、「聞こえてから手をたたく」までの時間も10.4秒の中にカウントされています。

「たたく」⇒「聞こえる」と「聞こえる」⇒「たたく」の時間は等しいので、10.4を半分、すなわち2で割った5.2秒が時間になります。

よって、道のり1760.0mを時間5.2秒で割ると、

1760.0÷5.2=338.4..

となるので、小数第1位を四捨五入して、338m/sとなります。
[ads_code_5]

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder 最近読んだ本

親として大切なこと

No Image

more...