福島民報力だめし(数学37)

【1】計算問題なので略します。
分数の文字式の計算ですが、方程式と勘違いして、
分母の部分を消してしまう生徒が多いので注意しましょう。
【2】円錐の展開図の問題。
扇形の弧の長さ=底面の円周なので、
求める半径をxとすると、
(弧の長さ)=2×10×π×132/360=22π/3
(円周)=2πx
2πx=22π/3より、両辺を2πで割って、x=11/3となります。
【3】2次関数の問題。
AP=PB=3なので、点Aのx座標は-3、点Bのx座標は3となります。
Pのx座標はy軸上なので0です。
この値をy=x2
に代入すると、y=9となり、Pの座標は(0,9)となります。
【4】相似の図形から、辺の長さを求める問題。
△ABCと△DACにおいて、
∠ABC=∠DAC(仮定)
∠ACB=∠DCA(共通)なので、△ABCと△DACは相似
よって対応する辺の比は等しいので、
BC:AC=AB:DA
18:8=12:DA →18DA=96 →DA=96/18=16/3
となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です