N.Kaneta BLOG

家庭教師の仕事内容や、中学校問題の解き方を教えます。

Home » 福島民報力だめし(2016年まで) » 数学 » 福島民報力だめし(数学36)

福島民報力だめし(数学36)

calendar

【1】計算問題なので略します。
【2】一次関数の問題。
(1)y=ax+b の式に、a=-2,x=-3,y=7を代入し、bを求めます。
(2)y=ax-2 の式に、x=2,y=4を代入し、aを求めます。
(3)y=ax+b の式に、a=-3,x=1,y=2を代入し、bを求めます。
(4)y=ax+b の式に、x=1,y=1 と x=4,y=7 を代入し、aとbの連立方程式を作ります。
a+b=1・・・①
4a+b=7・・・②
①-②
-3a=-6 → a=2・・・③
③を①に代入
2+b=1 → b=-1 
よって、y=2x-1 となります。
(5)y=ax+b の式に、a=-3,x=-2,y=4を代入し、bを求めます。
【3】硬貨を3回投げる確率の問題。
3回投げて出る結果は、
(表表表)、(表表裏)、(表裏表)、(表裏裏)
(裏表表)、(裏表裏)、(裏裏表)、(裏裏裏)の8通り。
表が2回、裏が1回でれば、元の位置に戻るので、該当するのは
(表表裏)、(表裏表)、(裏表表)の3通り。
よって確率は8分の3となります。
【4】証明問題なので略します。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder 最近読んだ本

親として大切なこと

No Image

more...