福島民報力だめし(英語34)

【1】
適語補充の問題。
(1)依頼する命令文を言い換えるので、
< tell + 人 + to do >ではなく、
< ask + 人 + to do >の形を使います。
(2)やらなくてはいけない宿題がたくさんある、
という意味なので、不定詞をつかいます。
(3)病気の状態が継続しているので、現在完了形を使います。
(4)「~ほど…なのではない」という意味で
< not as + 原級 + as >を使います。
(5)所有代名詞(~のもの)を単独で用いると、
この場合、ours = our school と同じ意味になります。
(6)take care of と look after がほぼ同じ「面倒を見る」という意味になります。
(7)too ~ to … を so ~ that …でいいかえる問題です。
(8)would you like to…で「~したいと思う」という意味になります。
【2】適語補充の問題。
日本文の意味から推測する問題です。
単語や慣用句の意味をしっかり覚えておくことが大切ですね。
【3】日本文を英訳する問題。
まず、短い「主語+述語」の部分から英文にしてみて、
そこに残りの部分を付け加えていきましょう。
(1)の問題なら、まずは「私はうれしいです。」の部分から、
英文を作成していって、残りの部分を英訳していったほうが楽です。
(3)も同じく「あれは動物です。」の部分から英文を作成します。
残りの「私が今までにみたことのない」は「動物」の説明ですので、
whichやthatを使用して文をつなげましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です