福島民報力だめし(英語32)

アメリカの大学に行ったアキコが、大学での体育の授業で学んだことについての話。
(1)適切な英文を選ぶ問題。
①第2段落の3行目
“She couldn’t play it well…”をほぼ同じ内容に言い替えた、
“she wasn’t a good volleyball player”のアが正解になります。
②第3段落の最後から2行目
“I don’t think I can do it.”をほぼ同じ内容に言い替えた、
“she thought it was hard.”
「彼女はそれ(セッター)を困難だと思った」のエが正解になります。
イは「彼女はセッターをすることができる」と逆の意味になるので、
注意すること。
③第4段落で彼は”Believe in yourself.”と繰り返し言っているので、
イの”give her some nice words”が正解になります。
④最後の段落の一番最後でアキコが言った内容から、
ウの”she changed in America.”が正解になります。
(2)適切な語を選ぶ問題。
アメリカに行く前は”couldn’t smile”だったのが、
大学を終えたときは”smiling”だったのですから、
エの”different”を選びます。
(3)適切な語を選ぶ問題。
①第5段落の4行目に、ほぼ同じ内容の表現があるので、
オを選びます。
②第5段落の最後の行に、ほぼ同じ内容の表現があるので、
“never forgotten “「決して忘れない」とほぼ同じ意味の
“always remember”「いつも覚えている」のアを選びます。
(4)該当箇所を本文中から抜き出す問題。
第4段落の最後から2行目、
“After the game,…”のあとの箇所を抜き出します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です