福島民報力だめし(英語30)

【1】英文を正しくなるように適切な形になおす問題。
①「(猫の)一匹はホワイトと呼ばれている。」と訳されるので、受け身になおします。
call→calledと過去分詞にします。
②直後に”than”があるので、比較級になおします。
big→biggerとなおします。
③②とおなじ。many→moreとなおします。
④「遊ぶこと」と訳されるので、現在分詞になおします。
play→playingにします。
⑤「彼女の」という意味になおします。
She→Herとします。
【2】
(1)shouldの後に来るのはgoかseeのどちらかが入ります。
「医者に会いに行くべきだ」という意味合いになるには、
goが先に来るべき。
seeが先に来るなら「医者に会うべきだ」となりますので、
この単語だけだとうまく並べられないと思います。
(2)
理由はその後に述べられてますので、一番最後の文を参考にします。
(3)
適切な単語を書く問題。本文中の単語をそのまま使用できるのは②だけ。
そのほかは自分であてはまる単語を考えなくてはなりません。
このような問題は、模試などにはよく見られるので教科書に出てくる語句や
表現などは出来るかどうかちゃんとチェックしましょう。
①”belong to ~”はひとまとまりとして覚えましょう。
②答えは本文中にあるので難しくないと思います。
③直後に”with”があるのがヒント。「お母さんと一緒に…」と訳してしまうと
解けなくなりますね(~_~;)
ちょっと難しいです。
解説ここまで。
-----------------------------------------------------------------------
学校の授業では、教科書のUnitとUnitの間の内容をとばしたりする傾向がありますが、
模試では、その部分も習った範囲として出題されます。
やってなかった~(+_+)なんてことのないように・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です