N.Kaneta BLOG

家庭教師の仕事内容や、中学校問題の解き方を教えます。

Home » 福島民報力だめし(2016年まで) » 国語 » 福島民報力だめし(国語28)

福島民報力だめし(国語28)

calendar

reload

福島民報力だめし(国語28)

濱田穣「なぜヒトの脳だけが大きくなったのか」より
(1)問題をよく読むこと。
「左右の手をどう使うか」と聞いているので、傍線部①のすぐ後の部分から、該当する箇所を探します。
(2)傍線部②の直前に「体を支持する役割がなくなり」とあるので、イの「必然性がなくなった」が適当だと思います。
(3)表の空欄に内容を補充する問題。
a・・・「原猿類」という語句を探します。そうすると、第2段落あたりに見つかりますので、わかると思います。
b・・・同じ枠内にある「社会関係を多様な音声によって表す」を本文中から探します。そうすると、最後の段落に見つかります。その前の数行の内容をまとめます。
c・・・「視覚と空間定位能力」「発声と聞き分けの能力」の部分を本文から探します。すると第5段落に「視覚と空間定位能力」があります。この語句の前後に「生活する上で・・・」「・・・必須であり」とあるので、これをまとめましょう。
d&e・・・3字で抜書きするので、逆にしないように気をつけましょう。
(4)本文の内容にあっているものを選択する問題
ア・・・「機能の調和的発達」という語句は本文中に見られません。
イ・・・本文中にその記述はないので×。
エ・・・「視覚・空間定位能力」「発声・聞き分け能力」に関係する大脳部分が発達したために「利き手」が生まれたので×。
オ・・・「複雑化した社会から逃れる」わけではないので×。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder 最近読んだ本

親として大切なこと

No Image

more...