N.Kaneta BLOG

家庭教師の仕事内容や、中学校問題の解き方を教えます。

Home » 福島民報力だめし(2016年まで) » 英語 » 福島民報力だめし(2016英語46)~英文読解~

福島民報力だめし(2016英語46)~英文読解~

calendar

reload

英語の力だめしの46回目。最後になりますね。

【1】の会話文の問題と、【2】英文の並べ替えは省略しますね。
[ads_code_5]

【3】英文読解

まずは和訳から載せてみます。

第1段落

1.情報がほしい時、あなたは何をしますか?

2.私たちは情報を手に入れるために、TV、本、ラジオそしてインターネットを使います。

3.インターネットは1960年代にアメリカ合衆国で始まりました、そして少数の人々がそれを使用しました。

4.今、インターネットはとても人気があって便利になりました、ですから世界のたくさんの人々が日々の生活に使用します。

5.もし、インターネットを使用するとき、あなたはeメールを送ったり、映画をみたり、音楽を聴いたり、もちろん情報を得たりすることができます。

第2段落

1.しかし、インターネットを使うとき、とても注意しなければなりません、なぜならある人々は悪い目的のためにインターネットを使っているからです。

2.たとえば、あなたの知らない誰かからeメールを受け取ったとき、そのeメールはおそらくコンピューターウイルスでしょう、そしてそのウイルスはあなたのコンピューターに被害を及ぼし、大切な情報を盗むでしょう。

3.インターネットのようなとても人気があって便利なものを使うときには、よーく考えてください。

—————————————

本文をまとめた内容に適する語を書く問題

①”information”の語句を最初の文からさがしていきます。”want”,”get”という語句が見つかりますので、文の意味の通じる”get”を選びましょう。

②”TV”の語句は、最初の文にしか見られませんので、ここは間違えないと思います。
直前の”use”を書きます。

③”in 1960’s”に該当する箇所は、第1段落の3番目にあります。あと、直前の”it”は”Internet”を指しているので、第1段落の3番目にある動詞”began”をそのまま入れましょう。

④第1段落の4番目の文、第2段落の一番最後の文に”popular”を含む”very popular and useful”という語句が出ていますので、まとめた内容では順番が逆になりますが、”useful”が入りますね。

⑤”hard”という語句を本文中から探します。一番最後の文に見つかりますので、”think”をいれましょう。

今回の文章では、本文中の単語をまとめた内容にそのままいれても大丈夫なのですが、問題の内容によっては、単語を変えなければならない場合もあります。注意しましょう。
—————————————
いよいよ明日は入試本番。

実力を十分発揮できるよう健闘を祈ってます(^^)/~~~
[ads_code_5]

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder 最近読んだ本

親として大切なこと

No Image

more...