連立方程式【職場体験に関する問題】

連立方程式、今回は鳥取県の過去問から出題してみます。

問題は2問あります。

オリジナルの1問目は穴埋め問題なのですが、福島県の問題では穴埋め問題は出ないので、文章題になおしてみました。

問題1(H26鳥取県改)(2つ合わせて★★★)

Aさんは、ある商店で、牛肉、豚肉、鶏肉の3種類を販売する職場体験活動を行ないました
その日の状況は以下の通りでした。

【状況】
・牛肉100g当たりの値段は、250円。

・豚肉100g当たりの値段は、200円。

・鶏肉100g当たりの値段は、豚肉100g当たりの値段の70%。

・3種類の販売量の合計は30kgで、そのうち鶏肉の販売量は5kg。

・3種類の売り上げの合計は、64000円。

このとき、牛肉と豚肉の販売量はそれぞれ何kgか求めなさい。

⇒解き方と解答はこちらから(jpg画像)

問題2

Aさんは翌日、3種類の肉を詰め合わせたAセットとBセットを販売したところ、すべて売り切れました。

Aセットは牛肉500g、豚肉400g、鶏肉600gで値段2500円、Bセットは牛肉300g、豚肉500g、鶏肉400gで値段2000円です。

用意したAセットとBセットの合計は30セットで、AセットとBセットのそれぞれが半分売れたところで、残りのセットは20%引きの値段で販売しました。売り上げを計算したところ、売り上げの合計は62100円でした。

このとき、AセットとBセットの数の比をもっとも簡単な整数の比で答えなさい。

⇒解き方と解答はこちらから(jpg画像)

お知らせ

もっと連立方程式を解きたい人は、駿英家庭教師学院で「連立方程式の応用問題」というオリジナル問題集を出していますので、ぜひ内容をご覧ください。

⇒「連立方程式の応用問題」のページはこちらからどうぞ


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です