N.Kaneta BLOG

家庭教師の仕事内容や、中学校問題の解き方を教えます。

Home » 福島民報力だめし(2016年まで) » 理科 » 福島民報力だめし(理科26)

福島民報力だめし(理科26)

calendar

reload

福島民報力だめし(理科26)

化学変化と化学反応式についての問題です。
計算問題の部分のみ解説します。
【2】銅粉を加熱して出来た化合物の問題。
(3)銅の質量4グラムのとき、化合物の質量は5グラムということが、
グラフから読み取れます。
化合物は酸化銅なので、銅以外はすべて酸素の質量となりますので、
5-4=1(g)となります。
(4)図2のグラフ、および(3)より、銅4g、酸素1.0gの交点をとおる
直線を引きます。
(5)上記2問より、銅:酸素=4:1になります。
(6)化合物:銅=5:4なので、求める銅の質量をxgとすると、
5:4=4.5:x → 5x=4.5×4 → x=18÷5=3.6(g)となります。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder 最近読んだ本

親として大切なこと

No Image

more...