福島民報力だめし(英語23)

切手(stamps)についての文章です。
解説
(1)”that”は、すぐ前の文”The first stamps in the world were made in UK in 1840.”
を指していますので、これを訳します。
(2)かっこの前の文章・・・「人々は、ただ手紙に切手を貼る」
   かっこの後ろの文章・・「人々が手紙を送るためにお金をすでに払ったことを切手は示した。」
前の文章の理由が後ろの文章によって述べられているので、becauseが入ります。
(3)すぐ後ろの文に理由が書かれてますので、そこを抜き出すこと。
(4)
・切手には「国名」が書かれていなければならないこと。
・日本の切手なら、”Nippon”と書かれていること。
・( )の前のitsは「国の」と訳せること。
以上から( )の中には「名前」という英単語”name”が入るのが妥当です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です